「甘える」ことから生まれる信頼関係

オランダ キューケンホフ
スポンサーリンク

「甘える」ことから生まれる信頼関係

この記事の補足にもなるかもしれませんが…

損得勘定のない人間関係
「無償の愛」 という言葉を耳にすることがあります。 少しアグレッシブかもしれませんが、 「無償」を付ける必要はないと思います。 なぜなら… あくまで私の感性ですが… 「有償で提供する・見返りを期待する」 そうい...

人によるところがあるとは思いますが、
「甘える」という行為は、
「迷惑・負担がかかる…」といった感覚をベースに避けようとする傾向があるような…
しかしながら、
逆の立場を考えた場合、
友人・大切な人などに対しては特に、
困っている姿を目にすると、
「助けてあげたい・力になりたい・できることは何でもしたい」といった感情を抱くもの。
だから、「水くさいなぁ…」という感情が発生することに…
お互いが「思いやり」を持っているにもかかわらず、それが反発しあっているというとても残念な状況…

確かに難しいところがあり、
実際、私自身も「甘える」行為を避ける傾向があります。
それは…
「自分でできることは自分でやる」
といった意識が良くも悪くも色々な面に影響を与えているような…

スポンサーリンク

私の感性で強引にまとめると…

一般論的に考えても、
一人でやるよりも協力してやった方が効率的により良い結果が得られる可能性が高くなる。
そして…
「一生懸命取り組んでいる・戦っている姿」はとても素敵で、自然と「手を差し伸べたい」という気持ちになる。
これが「甘える」という行為を成立させる前提条件になるように思います。
そして何よりも「甘える」という行為を通して構築される人間関係。
それは「損得勘定・貸し借り関係」といったものを超越したものと言える。

ちょっと大袈裟かもしれませんが…
人生の幕を閉じる際、
こういった人間関係に出逢えたことが、
「生きてて良かった」
「生きている意味があった」
そんな満足感にもつながる要素の1つだと思います☆

#甘える #思いやり #信頼関係 #親密度 #水くさい

コメント

タイトルとURLをコピーしました