涙の不思議~随意的と不随意的

スポンサーリンク

涙の不思議~随意的と不随意的

医学の世界などで使われる言葉ですが、

随意的とは…
自分の意志でコントロールできる動き。手足を動かしたり、首を回したり、etc…

不随意的とは…
自分の意志ではコントロールできない動き。心臓の動き、胃液の分泌、免疫系の働き、etc…

随意的かつ不随意的でもある特殊な動きは…
呼吸がそう。瞼の開閉なんかもそうだと思います。

では、「涙」はどうか…

不随意的と思われます。
女優さんとかが演技で随意的に涙を流す場面もありますが、
あれは自分の中に「涙が流れる不随意的状況」を強制的に作り出しているのだと思います。

話を広げると…

German Castle

「涙」の不思議

目に入った異物を洗い流すという機能は理屈に合っていると思いますが、
喜怒哀楽のすべてにおいて発生しているので、「強い感情」と関係があるように思われます。

私は「心の洗浄効果」という力も感じます。
悲しい時は我慢せずにまずは思い切り泣くのがベター。
そうすることで気持ちの切り替えにつなげやすいように思います。

「歳を取ると涙腺が緩くなる」という言葉をよく聞きます。
実際、私も歳を取って言えることですが、正しいように思います。
もちろん、歩んできた人生にもよりますが、
普通に考えて、長く生きている分、
苦しいこと・悲しいこと・色々なことを多数経験している。
だから、強い共感を覚えることも当然多くなるし、自分の中に奥深く残っている心の傷にも刺激があったり…
「涙もろい人ほど、良くも悪くも、豊かな人生を歩んできた人かな…」
そんな風にも感じます。

だから、ここでもやっぱり、「ピンチはチャンス!」と言えるように思います☆

ピンチはチャンス~人生楽しく!
苦しみ・悲しみばかりだったら「生きている意味って何?」 でも、「あの苦しみ・悲しみがあったからこそ…」といった経験が誰にでもあるのでは? あらゆる場面において「人生楽しく!」という思考回路が大切であり、幸運を導いてくれるキーワードの1つであるように思う。

#随意的 #不随意的 #涙

コメント

タイトルとURLをコピーしました