「大胆」と「開き直り」の違い

Blue Fujisan
スポンサーリンク

#HappyClover31

「開き直り」とは…
いわば「ヤケクソ」であり、
時にはそれでも成功する場合もあるかもしれませんが、
あくまでそれは結果オーライで、たまたま運良く成功しただけだと思います。

それに対して「大胆」とは…
緻密な計算の裏打ちに基づいた決断と言えるように思います。
「開き直り」とは異なり、
「やるべきこと」をちゃんと実行した上での行動なので自然と良い結果が導かれてくる。
周りには「大胆だなぁ…」とリスキーな印象に映っても、
本人にとっては深く検討した上での確信的な行動ということ。

話を展開させると…
「勇気を持って前に進む」
という姿勢は大切ですが…

スポンサーリンク

「恐れを知らない」ではなく「恐れを知る」ことが大切!

換言すれば…
「負け戦」とわかっていて単純に飛び込むのではなく、「無茶」かどうかの判断力を備えるということ。
すなわち…
「当たって砕けろ」精神だけでは何も得るものもなく本当に身体がつぶれるだけ…
だから…
「前に進むだけが勇気ではない」と言えるように思います。

まとめとしては…
無茶はダメですが、
恐れるに足りないものを恐れていてはダメ!
その適切なる判断力がポイント☆

P.S.
とはいえ…
「男にはやらねばならない時もある」という美学も理解できるような…
「本当に大切なもの」に対しては、
思考回路を絡ませずに何の躊躇もなく飛び込むというのもあり得るというか、
そうありたいと考える自分も存在するような…
自分にとって本当に究極的な状況では、
「無茶であろうとやらなければ後悔する」という感覚。
あくまで私の感性なので参考にしない方が良いかとは思いますが…

#大胆 #開き直り #ヤケクソ #無茶 #後悔 #結果オーライ #勇気 #恐れを知る

コメント

タイトルとURLをコピーしました