正比例する「裏返し」の力

エジプト ギザのピラミッド
スポンサーリンク

正比例する「裏返し」の力を意識する

たとえば…
「話す力が優れている人は聞く力も優れている」
なぜなら…
「伝えるべき点」
逆から言えば「知りたい点」
これらは一致するわけであり、
このような「裏返し」の関係にあるものは力が正比例すると言えるように思います。

ちょっとズレるかもしれませんが…
「知らない英単語は話せない」
「知らない英単語は聞き取れない」
これも関連する1つかと思います。

さらに話を広げると…
「やきもちは愛情の裏返し」とも言われるように思いますが、
確かに愛情が強いほどやきもちが強くなるような気もしますし、
やきもちを焼いてもらえると嬉しく感じるところもあるような…
でも、
「愛情が強いからといって必ずやきもちを焼くとは限らない」
すなわち…
表現方法は色々変わってくる。
たとえば…
「好きな人にわざといじわるをしたり冷たくしたり…」
これも裏返しの力の表現の1つかも…

まとめると…
よく言われることですが…

スポンサーリンク

自分を相手の立場に置いて考える~押してもダメなら引いてみな

このように「逆転の発想」というものは実際に有益な場合が多いように思います。
裏返しの関係を意識することにより視野が広がって、
何かに気付いたり潜在能力的な発見につながったり…

「進化は常に非常識から生まれる」
福山雅治さんが出演しているCMの中での言葉ですが… 「進化は常に非常識から生まれる」 基本的に正しいと思います。 そして… 「前例がない…」 この記事も本質的に同じであり… 個人的に好きな思考回路...

#裏返しの力 #逆転の発想 #相手の立場 #押してもダメなら引いてみな

タイトルとURLをコピーしました