すっぴん美人の魅力の本質




すっぴん美人の魅力の本質

芸能人がブログ等で「すっぴん」写真を公開していることがありますが、
普段から色々と自分を磨いていることに対する自信からの行動だと思います。
この記事に書いたように…

美人はなぜ3日で飽きるのか…
「美人はなぜ3日で飽きるのか…」 これは変化・成長の大切さを意味している言葉だと思う。なぜなら、美人に限らず、同じものを見聞きしていれば当然飽きるのである。なお、変化してはいけない部分も存在するので注意。経験が悪い意味で「図太さ」などに変化しないように…

私は化粧に対しても肯定的ですが、
化粧をする「素の自分」を磨くことも忘れてはならないということ。
また、外面だけでなく、内面にも当てはまることだと思います。

そして…
あるところで目にした言葉ですが…

Pot Clover

「どんなに塗ってもすっぴん美人にはかないません」

とても刺激的に感じますし、
「気付き」を与えてくれているところもあるような…

表裏なく飾らない素直な自分を表現できる人はとても素敵に映りますが、
わがままであったり、自己中心的であったり、表面的な「ごまかし」であったり、
その表現する中身が磨かれていなければ魅力的に感じてもらえることはない…

ちなみに…
「女の武器」としての意味ではなく、
「笑顔」「涙」なども自分を磨いてくれる要素になり得るものだと思います☆

さらにちなみに…
パーティーの隅っこにひっそりとたたずむ「ウォールフラワー」
花は言葉を発しない。でも、人の心を惹きつける強い力がある。
私にとっての魅力的な女性像の1つとも言えるかもしれませんが、
私自身に対する理想像としても捉えておきたいように思います☆

ありのままの自分であること
「相手を自分色に染める」という言葉があるが、変わるように要求することは基本的にわがまま。自分が変わることで相手も変わる可能性が生まれる。あらゆる場面で他力本願ではなく自分次第。ここでもやっぱり「幸運は待っているだけでは訪れず自分から導くもの」と言える。

#すっぴん #素の自分 #中身 #ウォールフラワー

コメント

タイトルとURLをコピーしました