「許容範囲」から見えるもの

Colorful Chalks
スポンサーリンク

#HappyClover38

「許容範囲」の意味を辞書で調べると…

  • そこまでは良いとして認める範囲
  • 大目にみることが出来る範囲

思うに…
色々な観点において影響を与えるところがあるので、とても興味深い部分のような気がします。
たとえば…
「器が小さい」という言葉がありますが、これも許容範囲の広さ・狭さが影響し、
「優しさ」には色々な表現方法がありますが、これも許容範囲が大きく関係するような…

基本的には…

スポンサーリンク

「広い許容範囲の方が好ましいかな…」

個人的にはそう感じます。
その広さがもたらされるのは「幅広い経験~視野の拡大」であり、
そこをベースとして「どうでもいいこと」の判断力が高まるように思います。
表現を変えると…
「本当に大切なもの」が見えるようになるということ。

接する相手により許容範囲が変化するところもあると思いますが、
それは別観点の影響もあるような…
たとえば…
「人情」といったものもそうでしょうし、「感謝の気持ち」といったものもそう。
もちろん「愛情」といったものもそうだと思います。

そして、感じるのは…
一般的に考えられる「許容範囲」を越えた行動には強い力があるということ。
なぜなら…
その対象への強い気持ち
「普通はそこまではやらない」というレベルの行動に自然と変化したものだから…

ちなみに…
ネガティブな面での許容範囲も存在します。
そのキーワードは…
「怠ける」といった類のもの。
当然のことながら、
その許容範囲を広くしたり越えたりするのは避けたいですね…

#許容範囲 #器が小さい #どうでもよいこと #本当に大切なもの #人間性

コメント

タイトルとURLをコピーしました