「私と仕事とどっちが大事?」




タイトルにあるセリフは女性から発信されることが多いのではと思います。実際に面と向かって言葉で発したことはなくても、心の中でそうつぶやいた経験がある女性も多いのでは…


この中に書きましたが…

SMAPの解散~心理学的アプローチ
一般的に「男は嫌いな人とでも仕事ができるが、女はできない」。嫁と姑の関係もその関連。男は「嫌でも付き合わざるを得ない人間関係」をうまくこなすことができる。だから、腑に落ちないと感じるのが… SMAPの解散…

これも男と女の脳の違いから発生するところがあるように思います。


もう少し具体的に言うと…

  • 男は1つのことに集中する思考回路
  • 女は多くの事を並列で考える思考回路

男は、人にもよるとは思いますが、

やっている限りは、

「自分の持つ力をすべて注ぎ込んでベストの結果を残したい」

そんなプライドがあります。ただ、そんな風に複数同時には取り組めないので、ある意味、優先順位を付けて、まず手を下さなければならない目先の事に集中するしかできない。

そして思うのは…

仕事パートナーは、言うまでもなくどちらとも大事なものであり、両者は比較するものではなく、両者を比較するといった頭は全く持ちあわせていません。そして、仕事を頑張ることは彼女を幸せにすることにもつながるといった感覚も持ち合わせているはずです。


なお、知り合いの女性からの言葉として… 「私と仕事とどっちが大事?なんて言ってしまうような女性は、彼の事を心底大事とは思っていませんね。自分が大切なだけです。」


まとめとしては、ありふれた言葉になりますが、男女のお互いが男心・女心の理解に努める姿勢が大事であり、これも自分磨き・女子力磨き・人間力磨きの1つとなり得るように思います。


ちなみに、同じく女性からの代表的な質問として…

「私のどこが好き?」

愛情を測る質問の一種かと思いますが、男は「言うのが恥ずかしい・・・」という感情を乗り越えて、抽象的であろうとちゃんと回答できるようにしていたいとは思います。個人的には…

「LikeとLoveの違い」「ImportantとNecessaryの違い」をベースにして言葉にするような…

「目は口ほどに物を言う」
感情や物事の伝え方・伝わり方には、 言葉を介したスタンダードな形以外にも色々な様式があり、たとえば、よく耳にする言葉ですが… 「目は口ほどにものを言う」 確かにそう感じる時があります。もちろん、性格の影響や男女の違いなど、人に...
「私のどこが好き?」
ある対象物が嫌いな場合、「どこが嫌い?」という質問を受けても簡単に答えられるように思います。しかしながら、ある対象物が本当に好きな場合でも、「どこが好き?」という質問に対しては答えるのに困るという状況に陥りやすいような… それはなぜなのか…

#私と仕事とどっちが大事? #私のどこが好き?

タイトルとURLをコピーしました