「一期一会」という言葉




「一期一会」という言葉

昔から好きな言葉の1つ。
語源は…
「茶会に臨む際は、その機会を一生に一度のものと心得て、主客ともに互いに誠意を尽くせ」
茶道の心得に由来するようです。

「ひょっとしたらもう二度と会えないもしれない…」
そんな意識を持ち合わせて1つ1つの機会を大切にすること。

大袈裟かもしれませんが、
「明日死ぬかもしれない」と思って生きること。
もう少し柔らかくポジティブに言えば…
最善を尽くして一日一日を過ごし、限られた生の時間を精一杯生きること。
人生における「後悔」を避けることにつながる思考方法とも言えるように思います。

関連として…

Pot Clover

「earth music & ecology」のCM

もうかなり前のCMですが、
とても印象的で強い刺激を感じます。

「よく今度生まれ変わったらって言うけれど、
私は今度生まれ変わる予定はありません。最初で最後を生きている…」

ごく当たり前のことのようで、はっと気付かされたところがあるような…

人生には、
「もはや今からではできない」というものも多々あるかもしれませんが、
「今度生まれ変わったら…」というように強く心の中に感じているものがあるのなら、
頭の中をもう一度整理してみる価値があるのでは…?

たとえば…
よく似た近いことならできるかもしれないし…
直接的ではなく間接的ならできるかもしれないし…
何かをできるとすれば今しかない☆

ちなみに…
「一期」とは、生まれてから死ぬまでの間
「一会」とは、法要などの1つの集まりや会合
仏教と関係の深い言葉のようです。

龍岳院 御朱印帳&御朱印
龍岳院 御朱印帳
龍岳院 御朱印

勝林寺 一期一会&行雲流水
勝林寺 御朱印 一期一会&行雲流水

#一期一会

コメント

タイトルとURLをコピーしました