「共感」の2つのパターン

スポンサーリンク

#HappyClover19

1つ目のパターンは…
映画・食べ物・お店・趣味・好きなアーティスト etc
出身地や住んでいる・住んでいた場所なども含め、考え方・感じ方・これまでの経験において、
相手の中に共通部分の存在に気付いた時に感じる「親近感」といったもの。

それに対して2つ目のパターンは…
「ときめき」といったものを感じさせてくれる全く新しい出逢い。
「非日常」がもたらしてくれる成長のきっかけとなり得るものでしょうし、
気付いていなかった本当の自分を知るきっかけとも表現できるように思います。

言うまでもなく、
趣味や出身地が同じだからといって必ずその人のことを好きになるとは限らない。
理論的に考えても、前者のような出逢いばかりだけでは大きく世界は広がらない。
それに対して後者は、
自分にはない素敵な何かを持つ人には魅力といったものを感じるでしょうし、
自分もそうありたいと感じて「また会いたい!」「もっと色々と話をしてみたい!」
そんな感情が自然と発生するように思います。

前者を否定するわけではなく、
後者も意識することで「人生楽しく!」を導く必然性が高くなるということ。
ここでもやっぱりポイントは…
保守的・独善的にならず、好奇心・聞く耳を持って…

Pot Clover

自分の成長~生きている意味にもつながる部分

さらに言えば…
日々の自分磨きの姿勢も加わることにより、
共感するだけでなく、「共感される」場面も作っていければと思います。

共感されるということは…
周りの人たちに何かしらの影響を与えることができたということ。
当然のことながら、これも刺激があるというか、人生を歩んでいく上での活力にも♪

まとめ的に書くと…
「自分の成長」のためにも共感するものにたくさん出逢っていきたいし、
「自分の生きている意味」のためにも共感される機会をたくさん創出していければと思います☆

#共感する #共感される #自分磨き #成長 #生きている意味

コメント

タイトルとURLをコピーしました